非課税財産って何?

| 未分類 |

財産と言うのは自己が所有する貯金、不動産、自動車、貴金属、骨とう品などお金になると言える品物や現金などを財産と言います。
これらの財産を引き継ぐ事を相続と呼び、相続した場合には税金が課税されることになります。
そのため、これらの財産は課税財産と言う形になるのです。

尚、これは相続をした場合だけではなく、贈与の場合も同じように財産を引き継いだ場合には課税の対象になり、税金を納める必要が有ります。
日本の法律の中には、相続税法と呼ばれる法律があり、納税義務者、課税財産の範囲、税額の計算法、申告、納付、還付について、必要な法律が定められています。

また、財産には課税されるものもあれば、課税されないものもあります。
これは非課税財産と呼ばれているもので、相続税の場合では、一定枠の弔慰金、生命保険金、墓所、仏具、退職手当金の内一定の限度額などになり、贈与税としては、扶養義務者からの生活費、教育費、相続を開始した際の贈与、香典、見舞金などは全て課税の対象外となります。

相続税の場合は、何を引き継ぐか、贈与税の場合は何を受け取るのかにより、税金がかかるかかからないかになります。
また、相続税には税金がかからないものもあれば、課税の対象となる本来の相続財産、みなし相続財産、そして生前贈与財産などが有ります。