債務免除

| 未分類 |

贈与という行為を分かりやすく説明すると、ある人物が特定の財産をある人物に対して『譲り渡す』という意思表示をし、その意思表示に対して『譲り受ける』という意思表示を返す契約のことを指します。このような契約によってある人物からある人物に財産が譲り渡された場合、その財産は贈与税の対象となり課税されることになります。このケースでの財産とは預貯金や不動産などが該当しています。
贈与と似たような形式のものに、みなし贈与と呼ばれるものがあります。みなし贈与では通常の贈与などのように直接的に預貯金や不動産などの財産を譲る受けるのではありませんが、ある人物から経済的な利益を譲り受けたものとみなされるため、このケースでも贈与税の対象となります。みなし贈与とみなされるのは生命保険の保険金などがあります。
また、みなし贈与として課税対象となる可能性があるものとしては、債務免除があります。ある人物が債務を抱え、その返済に困っていたとします。そのような状況を知った人物が債務を抱えている人物の代わりにその債務の返済を行った場合、経済的な利益があったと見なされるのです。ただし、同じようなケースでも債務を抱えている人物の返済能力を大幅に超えてしまった債務を他の人物が肩代わりするケースではみなし贈与とはならないこともあります。