低額譲渡

| 未分類 |

一般的に見ても「ありえない」低い金額で資産を譲渡した場合には、低額譲渡とみなされてしまうことがあります。
物の価値には時価というものが凡そありますが、その金額と譲渡金額の間に著しいさが生じていると、相続製法においては低額での譲渡の贈与とみなされるのです。
たとえば、Aが一般市場において現在100万円程度で取引されている絵画を51万円で購入していたとします。
これをBさんに対して10万円で譲ったとします。
これは明らかに不合理な取引となります。
花瓶0210万円で譲られたBさんは、Aさんが購入した価格で計算したとしても、40万円の含み利益を得てしまうこととなります。
10万円で譲っている時点で租税回避行為ではないかという疑いが発生してしまいます。
そこで時価と売買価格の間に生じた差額分に対して、贈与税を課すこととなります。
この場合は時価が100万円ですので、90万円に対して贈与税が課されるということになります。
時価の50%以下の金額で取引されたときに、低額での譲渡とみなされます。
ですからこの場合のAが100万円に相当する絵画を51万円で譲渡されている時点では、50%を超えているので低額での譲渡とはなりません。
また個人間において低額での譲渡であっても譲渡益が発生しているのであれば、譲渡対価をもとにして計算しても要事になります。